恐ろしい動脈硬化や糖尿病にならないために

インプラントを入れるなら生活の改善も必要

総入れ歯を使っている人の中には、噛む力が弱くなってしまいお餅などの食べにくい物が出来てしまって食事を十分に楽しめないといった悩みを抱えている人がいます。
また、入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟まってしまうなどの口の中のトラブルを抱えている人が多いでしょう。
入れ歯を使っていてそのような生活上の不便さを感じているなら、歯医者さんでインプラントという治療法を利用することで食事がしやすい義歯に変えられるため、インプラントの利用を考えてみるのがおすすめです。

インプラント治療が出来る歯医者さんは近年増加していますが、より安全で高い技術力による治療を受けたいと思う場合は、インプラントの専門歯科に行くのが良いでしょう。
インプラントの専門歯科なら、通常のインプラント治療の他にオールオン4という最先端の治療法も扱える所があるので、総入れ歯の人や多くの歯を失ってしまった人が不便な生活の改善を望んでいる時に便利です。

オールオン4が何故総入れ歯の人やたくさんの歯を失った人におすすめかと言うと、この治療法を使うと最少4本のインプラント体(人工歯根)を埋め込むだけで多くの人工の歯を支えることが可能となります。
手術にかかる期間や費用が抑えられるというメリットが得られるからです。
従来のインプラント治療では、たくさんの歯を人工の歯に変えようとした場合、8~14本ほどの多くのインプラント体をアゴの骨に埋め込む必要があり、患者さんへの負担が大きい問題点がありました。
しかし、オールオン4を使えば、この問題が解決出来るため、これからインプラント治療を受けたい人は医師にオールオン4の利用について相談してみることをおすすめします。

ところで、総入れ歯を使用中の人には、発音がしにくくなって人と話しづらくなってしまったという悩みがあったり、食後に入れ歯を外して洗うメンテナンスが面倒というような不満点がある人もいることでしょう。
入れ歯をインプラントに変えれば、自分のアゴにしっかりと固定されている人工の歯になるため、話しづらさや取り外しが面倒という生活上の問題も解消し、暮らしにくさが改善出来ると考えられます。
このように、総入れ歯での生活に不便さを感じている人や、多くの歯をなくしてしまって困っている人は、腕の良い医師がいるインプラントの専門歯科を受診すると生活の改善が期待出来ます。
オールオン4の治療も出来るような技術力の高い歯医者さんを探して相談してみてはいかがでしょう。

RECOMMEND
おすすめ記事